MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > MACROCOSM 冊子一覧 > Vol.97
MACROCOSM Vol.97 発刊日2012年3月
 

Vol.97  2012年3月



macrocosm:Flash Book
・第10回「青年社会活動コアリーダー...
・第5回「国際交流リーダー養成セミナ...
・国際理解教育支援プログラム
・青少年国際交流を考える集い
・平成23年度内閣府青年国際交流事業...
・第38回「東南アジア青年の船」事業...
・内閣府青年国際交流事業 大学説明会...
・平成23年度財団法人青少年国際交流...
・お知らせ
・MACROCOSM Vol.97
 

平成23年度 第10回「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」

NPOマネジメントフォーラム2012


宣言文を読み上げる参加者
宣言文を読み上げる参加者

 「NPOマネジメントフォーラム」は、高齢者・障害者・青少年の三つの分野の非営利セクターで活躍する日本と諸外国の青年が一堂に会して、各国のNPO事情や活動事例に基づく有益な情報を共有し、実践的な意見交換を通じてNPO運営に関する能力の向上を図り、それぞれの分野において社会活動を支え、その中心的な担い手となる青年リーダーを育成することを目的として実施しています。
 今年度は平成24年2月9日(木)~ 12日(日)、「非営利団体と行政のさらなる連携強化と協働について」を総合テーマに、日本とデンマーク、ニュージーランド、ドイツの青年が集まりました。
 多様化した現代社会に次々と現れる課題に対応していく上で、非営利団体が果たす役割は、よりいっそう大きくなっています。また、政府や地方行政のパートナーとして、施策を共に作り上げ実施していくことが、今まで以上に期待されています。非営利団体が、地域社会及び様々な分野において今まで対応されていなかったニーズにきめ細かく応える力を発揮するためにも、行政との連携を強化し、共に課題に立ち向かう体制をつくりあげる必要があります。
 そのため、今年度のフォーラムでは、参加各国での非営利団体と行政との連携の事例を共有し、連携促進に必要な考え方や取組を三つのトピックに分かれて話し合い、参加者が具体的な方向性を持ち帰ることを目指しました。
 参加者は、課題別視察やディスカッションを通じて情報共有や意見交換を行い、その成果を「NPOマネジメントフォーラム2012宣言文」としてまとめました。

日程

月 日 時  間 日  程
2月9日(木) 13:30-16:45
19:30-20:30
日本参加者研修
全体オリエンテーション
外国参加者のみ
AM:課題別視察1(トピックごと)
PM:課題別視察2(トピックごと)
2月10日(金) 9:00- 9:20
9:30-10:30
10:45-12:15
14:00-17:30
19:15-20:45
開会式
全体会
トピック別オリエンテーション
ディスカッション
文化交流会 
2月11日(土) 9:00-12:00
14:00-18:00
18:30-20:00
20:00-21:00
ディスカッション
ディスカッション
分野別夕食交流会
・成果発表の準備
・宣言起草委員会
2月12日(日) 9:00-10:30

11:00-12:30
12:40-13:50
14:00-15:00
15:10-15:30
・成果発表の準備
・宣言起草委員会
成果発表会
歓送昼食会
評価会
修了式
日本参加者解散
トピック1のディスカッション
トピック1のディスカッション

【総合テーマ】
「非営利団体と行政のさらなる連携強化と協働について~非営利団体と行政機関の協働体制を創るには、いかなる考え方や取組が必要かを考え、具体的な方向性を見出す~」

【ディスカッション・トピック】
1.行政の施策・方針決定過程への非営利団体の参画
2.事業実施に際しての行政と非営利団体のパートナーシップ
3.行政と非営利団体の情報交換・共有の在り方

小グループでディスカッションする(筆者一番左側)
小グループでディスカッションする(筆者一番左側)

NPOマネジメントフォーラム2012に参加して

菊地 月香

 ディスカッションに意欲的に参加する外国参加者の姿勢から、行政や企業などへのアプローチ、経営自立化を目指した財源やパートナーシップの確立に向けた具体的で幅広い手法など、自らの活動にフィードバックすべく多くのエッセンスを得られたように思います。始めは緊張もあり、受け身で参加していた私自身も、ディスカッションでは外国参加者の意欲に刺激を受け、組織性格や環境、立場の違いなど、自らのフィールドを客観視しながら主体的に参画することができました。
 さらに、ファシリテーターの進行から、メンバーシップの構築やアイスブレイク、ファシリテーションなどの会議運営や組織内の人材育成方法を学びました。また、通訳を介したコミュニケーションからは、簡潔で構造化した伝達の能動的な意識化など、プログラムから様々な「仕掛け」を感じたり、参加者との交流から多くの刺激を受けたりと非常に充実した4日間でした。

  • 表示ページ 
  • 1
  • 2
  • NEXT
日本・ASEANユースリーダーズサミット
財団法人 青少年国際交流推進センター理事長あいさつ
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > MACROCOSM 冊子一覧 > Vol.97
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.