MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 日本青年国際交流機構(IYEO)会長あいさつ/活動計画
MACROCOSM Vol.98 発刊日2012年5月
 

Vol.98  2012年5月



macrocosm:Flash Book
・財団法人 青少年国際交流推進センタ...
・財団法人 青少年国際交流推進センタ...
・日本青年国際交流機構(IYEO)会...
・SSEAYPインターナショナル第2...
・タイ王国・スタディツアー2012
・お知らせ
・MACROCOSM Vol.98
 

日本青年国際交流機構(IYEO)会長あいさつ・平成24年度活動計画


  • 「青年層の活性化をめざして」 

日本青年国際交流機構会長 大河原 友子

平成24年度役員改選が行われ、新たな体制になりました。私自身は、第3期目を続投することとなり、会長として5年目を務めさせていただきます。全国の会員の皆様に御協力いただき、新たに気持ちを引き締めてがんばります。
 昨年の東日本大震災から早くも1年以上の月日が経ちました。YEOには、国際交流で培われたネットワークのおかげで、日本のために世界各国で様々な形のチャリティーイベントが開催され、全国の会員、世界の仲間からIYEOに温かいメッセージや活動状況を伝える情報と共に支援金が寄せられました。この貴重な支援金を基に、岩手県、宮城県、福島県、各IYEOの会員と連携して地元が必要とする支援に取り組みました。こうした活動は、被災地の仲間を勇気付け、私たちに固い絆を再確認させてくれました。
 被災地の現状は、復興に向けての第一歩を踏み出したところで、これからまだ長い年月を要します。今後も継続的な活動をしていきましょう。
 また、IYEOには、自分たちの思いを形にしたいときに活用できる自主活動サポート助成金制度(チャレンジ・ファンド)があります。より多くの方にこの制度を認識していただき、柔軟なアイディアで様々な企画を立案し、会員の頑張りが形になることを目指します。
 そして、今年度の活動方針の大きな柱として、「青年層の活性化の基盤づくりに取り組もう」を掲げて活動していきます。近年青年たちは内向きである、活力を失いかけているなどと言われていますが、そんな青年ばかりではありません。青年に自身の力を発揮できるような場を提供することが必要です。この度、第55回全国推進会議で全国の代表者の意見を集約するとともに会員の声も受け、そして今までの活動実績を踏まえた上で、次のような柱を盛り込んだ青年施策への提言書を政府及び関係者に提出しました。
 日本人としての自己認識(アイデンティティー)や国際感覚、そしてリーダーシップといった力の育成の重要性を軸に、自立心の向上、グローバル人材及び地域リーダーの育成、団体及びグループの育成や連携、コミュニケーション力の向上、指導者育成制度などについての具体案を含めて提案しました。青年の育成に力を注ぐことが、日本の明るい未来創りにつながると同時に、ニートやひきこもり、犯罪等の問題行動を起こさないための予防策につながると信じています。
 青年層を活性化させるために必要なことが、正に我々が日々国際交流事業で青年たちを育成している内容と重なることを改めて認識するとともに、青年国際交流事業を通じて青年期に貴重な体験をすることの重要性を感じています。この大きなチャレンジは内閣府及び(財)青少年国際交流推進センターや各関係団体との連携なしに実現することはできません。多くの方々の知恵と行動力を集結させて明るい未来の担い手を育成するために皆様と共に邁進していきたいと思います。本年度もよろしくお願いします。

 
 
  • Ⅰ.活動方針

「社会に活力を与えられる人材育成を目指して」
変化の激しい現代社会においては、これらの変化に対応し幅広い視野を持って新しい取組を考え、実行できる人材が必要とされている。
このような現状を踏まえて、50年を超える内閣府青年国際交流事業で培われた青年育成のノウハウと日本青年国際交流機構で築き上げたネットワークをいかした人材育成に取り組む。

1. 青年層活性化の基盤づくりに取り組もう
 青年の社会活動へのニーズを把握して、青年の活動の場作りと環境整備に取り組むべく、国に対して青年施策についての提言を積極的に行う。
 同時に、自団体の活動内容を見直すとともに他団体との連携に取り組み、青年層の活性化を図って、青年による社会の活性化を目指す。
2. 地域社会に貢献できる人材育成に取り組もう
 地域における国際交流活動を積極的に行い、地域と世界の距離を狭めるとともに、地域のニーズに合った貢献が果たせる人材の育成に努める。
3. 国際ネットワークをいかした国際協力活動に取り組もう
 国内外における様々な課題に対応するため、半世紀にわたって築いたネットワークを活用して国際協力活動を推進し、社会に貢献していく。

  • 表示ページ 
  • 1
  • 2
  • NEXT
第10回「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」(NPOマネジメントフォーラム2012)
国際青年交流会議
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 日本青年国際交流機構(IYEO)会長あいさつ/活動計画
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.