MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 財団法人 青少年国際交流推進センター理事長あいさつ
MACROCOSM Vol.98 発刊日2012年5月
 

Vol.98  2012年5月



macrocosm:Flash Book
・財団法人 青少年国際交流推進センタ...
・財団法人 青少年国際交流推進センタ...
・日本青年国際交流機構(IYEO)会...
・SSEAYPインターナショナル第2...
・タイ王国・スタディツアー2012
・お知らせ
・MACROCOSM Vol.98
 

財団法人 青少年国際交流推進センター理事長あいさつ


  • マクロコズム平成24年度第1号(第98号)の発刊に当たって

財団法人 青少年国際交流推進センター
理事長 上村 知昭

 マクロコズム第98号(平成24年度第1号)の刊行に当たり、初めに東日本大震災への対応について申し上げます。当センターとしても、出来得る限り支援をいたしてまいりたいと存じ、政府(内閣府) の支援金口座を通じ義援金を送るとともに、日本青年国際交流機構(IYEO)と緊密な連携を図りつつ、IYEO会員そして世界各国の事後活動組織や既参加者からの支援品等を被災地に送る等を行いました。余りにも甚大な被害で、被災者の生活、被災地の復興もまだまだ今後の大きな課題という状況にあると存じます。
 一方、このような中で、平成23年度の内閣府青年国際交流事業は、これまでどおり実施し、所期の成果を挙げられるだろうかと当初相当心配いたしましたが、各都道府県そして実行委員会の中心であるIYEO会員の皆さんの熱意で予定されていた全事業(当センターが内閣府との契約により担当)が、これまでに優るとも劣らぬ成果を得て無事終了することができました。また、当センターの自主事業であるタイ王国へのボランティア派遣、国際理解教育支援プログラム、国際交流リーダー養成セミナー( 23年度は開催が東日本大震災と重なり中止)、機関誌マクロコズムの発行などによる情報提供・啓発等々も関係者の方々の御協力により、所期の成果を得て無事終了することができました。
 24年度におきましても、内閣府青年国際交流事業への協力をはじめ事後活動支援、自主事業の充実等を通じ、ますます緊要の課題であって当センター設立の趣旨である「国際化の進展する時代にふさわしい青年リーダーの育成と、これら青年の人的ネットワークの形成」のため、これまでにも増し、役職員一丸となってその使命達成に向け頑張って参る所存です。変わらぬ御支援・御協力をお願い申し上げ、24年度第1号発刊に当たっての御挨拶とさせていただきます。

 
 
第10回「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」(NPOマネジメントフォーラム2012)
国際青年交流会議
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 財団法人 青少年国際交流推進センター理事長あいさつ
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.