MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 第18回青少年国際交流全国フォーラム(和歌山大会)
MACROCOSM Vol.96 発刊日2012年2月
 

Vol.96  2012年2月



macrocosm:Flash Book
・日本・ASEANユースリーダーズサ...
・第18回青少年国際交流全国フォーラ...
・SWYAA国際大会(メキシコ)
・IYEO東日本大震災復興支援
・青年社会活動コアリーダー育成プログ...
・MACROCOSM Vol.96
 

 青少年国際交流事業事後活動推進大会
 日本青年国際交流機構第27回全国大会
 第18回青少年国際交流全国フォーラム
 和歌山大会


開会式であいさつする(財)青少年国際交流推進センター   上村知昭理事長
開会式であいさつする(財)青少年国際交流推進センター   上村知昭理事長

 平成23年11月26日(土)~27日(日)、和歌山県和歌山市にて、第18回青少年国際交流全国フォーラム、日本青年国際交流機構(IYEO)第27回全国大会を実施しました。大会テーマは、「つなぐ、育む、輝く命。~紀の国から宙そらへ~」とし、基調講演や分科会を通じて、人と人をつなぎ、参加者の豊かな国際的経験や多様な視点が新たな価値を生み、その成果が大きく広がることを目指して企画されました。基調講演者の荒川氏は、学生の時に自分を変えたい一心で始めたゴミ拾い活動を様々な協力を得ながら、世界的に広めた人です。26歳にしてNPOを立ち上げ、自らの体験をもとにした青少年を対象とした講演活動を継続して数多く実施しています。

 大会日程
 第1日目・11月26日(土)
12:30

 受付

13:30  開会式
14:00-15:15

 基調講演

 荒川祐二氏(NPO法人世界護美推進連盟理事長)

15:30-17:30  分科会
19:00  懇談会
 第2日目・11月27日(日)

9:00

 表彰式
9:30  東日本大震災及び台風12号による災害復興支援活動報告
11:00-11:15  閉会式
  • 基調講演「半ケツとゴミ拾い~たった一人から全世界10万人へ~」

講演者:荒川祐二氏
平成23年11月26日(土)
和歌山マリーナシティロイヤルパインズホテル

 緊張しています…荒川祐二と申します。よろしくお願いします。これから一時間、お話をさせていただきますが、僕は、皆様のように人生経験が豊富ではありませんし、「こうしたら幸せになれるよ」と伝えられる人間でもありません。僕は、自分のことが大嫌いで、自分なんか死んだ方がましだと思いながら大学生活を送っているような人間でした。そんな自分が嫌で、2006年11月、自分を変えたいという一心で、新宿駅東口でゴミ拾いを始めてみました。



《ゴミ拾いを始めた理由》

 この活動を始めた理由は、最近の若い人に多いんですが、夢も自信もなく、自分のことが大嫌い。でも、とりあえず、ご飯も食べられるし、特に不自由もしていないから、今のままでもいいかと思いながらも、心の奥底ではこのままではダメだ、変わらなくては…とずっと思っていたからです。僕には一つ年上の兄がいるのですが、大学3年生20歳の秋に、こう言われたんです。「お前、『変わりたい』って口ばっかりじゃないか。本当に変わりたかったら、何でもいいから実際に行動しろ!」 これまで、誰からも本気で注意されたことがありませんでしたが、この時は、兄から胸ぐらをつかまれるくらいの勢いで怒られました。これは僕の心にガーンと響き、「何でもいいから実際に行動しろ!」という言葉が何度も頭の中で回りました。
 僕は、「じゃあ、毎朝6時から新宿駅でゴミ拾いする!」と言いました。当時の僕は、実は何もできることがなかったからです。これまで何も努力してこなかった人間が20歳になって、突然、「がんばります!」と宣言したって、今さら、何もがんばれないんです。自分には何ができるんだ?と考えた時、「ゴミ拾いだったら、できるかもしれない」と思ったのです。汚いという強烈な印象があったので、新宿駅でゴミ拾いをしようと決めました。
 この僕の決意を聞いて、兄がこう言いました。「お前、今、ものすごくいいことを言っているけど、絶対無理だ!お前、もう変わった気になってないか?人間というのは、『変わりたい、これからやります』と言うだけで、気持ちが高ぶって、すっかり変わった気になってしまう。変わった気になっているから、何も行動しないまま一週間、10日と時間がたって、結局は変わらない自分に気づく。だから、今のお前は、まだ変わっていない荒川祐二だぞ。お前が本当に変わる時というのは、実際に朝6時に新宿駅に行って、ゴミ拾いをして、それを継続できた時だ。どれだけ短くてもいいから、期間を決めて、その間だけは絶対にやり遂げろ」 いいこと言うな、この男は、と思い、「分かった。1か月だけは続けます」と宣言したところから、僕の挑戦が始まったのです。社会を変えようとかそんな壮大な気分ではありませんでした。自分にできることがゴミ拾いしかなかったので、自分を変えたい一心で、2006年11月8日に、僕の挑戦が始まりました。

平成23年度「国際青年育成交流」事業
第10回「青年社会活動コアリーダー育成プログラム」(NPOマネジメントフォーラム2012)
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 第18回青少年国際交流全国フォーラム(和歌山大会)
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.