MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 国際理解教育支援プログラム
MACROCOSM Vol.95 発刊日2011年8月
 

Vol.95  2011年8月



macrocosm:Flash Book
・平成23年度「国際青年育成交流」事...
・国際青年交流会議 基調講演
・国際青年交流会議
・「国際青年育成交流」事業 地方プロ...
・国際理解教育支援プログラム
・お知らせ
・MACROCOSM Vol.95
 

(財)青少年国際交流推進センター
国際理解教育支援プログラム



 7月1日(金)、東京都大田区立道塚小学校にて、国際理解教育支援プログラムが実施され、英国、ドミニカ共和国、ブラジル、ウズベキスタン、モンゴル、スリランカからの合計9名の講師が派遣されました。 全校児童約600名との全体交流会では、様々な国出身の講師に児童たちは驚き、各講師の話に熱心に耳を傾けていました。講師とのじゃんけんゲームは大変盛り上がりました。 その後、6年生の3クラスに分かれ、児童が英語で書道・折り紙・茶道について説明し、講師が日本文化を体験するというかたちで授業が行われました。茶道では、小グループになって講師との自由な意見交換も行われました。 和気あいあいとした雰囲気でプログラムは成功裏に終了しました。

校長先生の感想

本校は、国際理解教育の推進として、毎年「国際交流の会」を実施しています。今回、(財)青少年国際交流推進センターの協力により、実施することができました。 
 日本の伝統文化を知ってもらいたい、伝えたいという子供たちの心からのおもてなしに講師の皆様もたくさんの笑顔で応えて下さいました。この「英語が通じた!」という喜びが、次の外国語活動の授業の励みになります。
 「英語」という言葉の壁を越え、外国の方々と交流を図り、心を通わすことができたことは、子供たちとって大きな心の財産となりました。
~子供たちの感想~(一部抜粋)
・ 「私は、お茶の飲み方を講師に少しだけ英語で説明しました。すると、いきなり質問され、びっくりしましたが、『おいしいです!』と言われたときは、本当に嬉しかったです」
・ 「今年も年に一回の国際交流の会が、とても楽しかったです」


◆プログラムの実施をご希望の方は・・・

(財)青少年国際交流推進センターでは、小・中・高校、大学だけでなく、自治体等からの依頼にも応じています。当プログラムの実施を希望する方は、講師派遣、プログラムのコーディネート等の相談に応じますので、実施希望日、実施場所等を記載の上、お気軽に以下の問い合わせ先までご連絡ください。
国際理解教育支援プログラム担当:田中 佐代子・大久保 正美
e-mail: iuesp@iyeo.or.jp
TEL:03-3249-0767
FAX:03-3639-2436

 
山本惠美子校長先生(右から3人目)と派遣された講師
山本惠美子校長先生(右から3人目)と派遣された講師
児童が英語で講師に書道の説明をする
児童が英語で講師に書道の説明をする
講師との自由な意見交換を楽しむ児童たち
講師との自由な意見交換を楽しむ児童たち
理事長あいさつ
日本・ASEANユースリーダーズサミット
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 国際理解教育支援プログラム
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.