MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > タイ王国・スタディツアー2011
MACROCOSM Vol.93 発刊日2011年3月
 

Vol.93  2011年3月



macrocosm:Flash Book
・第9回「青年社会活動コアリーダー育...
・タイ王国・スタディツアー2011
・国際理解教育支援プログラム
・平成22年度 内閣府青年国際交流事...
・第37回「東南アジア青年の船」事業...
・日本青年国際交流機構(IYEO)の...
・お知らせ
 

タイ王国・スタディツアー2011


 (財)青少年国際交流推進センターでは、2011年3月21日~29日、自主事業として「タイ王国・スタディツアー2011」を実施しました。

 全国から集まった15名は、タイ・ラヨーン県で行われた青少年健全育成プロジェクト「For Hopeful Children Project (FHCP) 2011(希望あふれる子どもたちのためのプロジェクト)」にボランティアとして参加し、プロジェクト実行委員と協働しました。 

 FHCP2011に先立ち、タイの「希望あふれる子どもたち」の生活する児童養護施設を訪問し、それぞれの施設で子どもたちと共に生活・活動することを通じて、子どもたちとのコミュニケーションを深めました。活動を通じ、国際協力活動を実践するとともに、国際協調の精神を養いました。

<「希望あふれる子どもたち(Hopeful Children)」とは・・・>
 「For Hopeful Children Project (FHCP) (希望あふれる子どもたちのためのプロジェクト)」は、第2回「東南アジア青年の船」事業タイ既参加青年ウィスィット・デッカムトーン氏が代表を務めるボランティアグループ「Fund for Friends」が主催する、希望あふれる子どもたちのための合宿型のプロジェクトで、1991年から毎年実施され、今年で21年目を迎えます。「東南アジア青年の船」事業タイ事後活動組織(ASSEAY Thailand)がこのプロジェクトを後援し、多数の「東南アジア青年の船」事業タイ既参加青年が協力しています。

 このプロジェクトでは、社会的に恵まれない状況にある子どもたち、つまり、孤児・ストリートチルドレン・被虐待児など施設で保護・治療を受けている子どもたち、また、視覚・聴覚障がい、肢体不自由などの身体障がい、精神・知的障がいをもつ子どもたちなどを、「希望あふれる子どもたち(Hopeful Children)」と呼んでいます。希望あふれる子どもたちは物質・教育的な制限があるため競争社会でのチャンスが少ないとしても、このプロジェクトへの参加を通じ、自分たちを思う人の存在に気づき、自信をもって育ち、競争社会においてしっかりと成長するきっかけとなることをねらって、このプロジェクトが行われています。


【訪問施設】
(1) 子どもの村学園ムーバーンデック
 カーンチャナブリー県にある児童養護施設「子どもの村学園ムーバーンデック」は、1979年に設立されたNPOで、両親のいない又は貧困・家庭崩壊などの事情で育児のできない家庭出身の子どもたちを預かっている施設です。3歳以上の子どもたちが共同生活をする場であり、タイ教育省から認可を受けた彼らの学校でもあります。子どもたちが既成の概念にとらわれることなく、自分たちに最も適切なやり方(オルタナティブ教育)を受けることができる小さなコミュニティーです。

(2) タンマヌラック
 カーンチャナブリー県にあるタンマヌラックは、仏教の精神に基づき尼僧により2000年に設立され、さまざまな理由で両親のいない又は育児のできない家庭出身の子どもたちを預かっています。子どもたちの中には、タイ・ミャンマー国境地域で生まれた山岳少数民族の子どもたちが多く含まれます。また、子どもたち全体のうち約7割が女の子です。

(3) Foundation of Rehabilitation and Development of Children and Family (FORDEC)
 バンコク郊外にあるFORDEC(フォルデック)は、「困難を抱えたすべての人々に対する愛と心配り」をモットーに活動しています。その対象には、子どもや若者、家族、高齢者、障がい者、ホームレス、放浪者、麻薬依存者、虐待被害者など、困難を抱えたすべての人が含まれます。今回のスタディツアーでは、バンコクの南東、サムットプラーカーン県のスラム街に位置する低所得層家庭の子どもたちのためのデイケアセンターを訪問しました。


月日 活動内容
3月21日(月) バンコク集合
3月22日(火)

カーンチャナブリー県へ移動

子どもの村学園ムーバーンデックでの活動

子どもの村学園ムーバーンデックにて、子どもたちと交流

子どもの村学園ムーバーンデック滞在(2泊)

3月23日(水) タンマヌラック・子どもの村学園ムーバーンデックでの活動

タンマヌラックにて、子どもたちと交流・施設見学

子どもの村学園ムーバーンデックにて、子どもたちとの交流会・文化紹介

3月24日(木) サムットプラーカーン県(バンコク郊外)へ移動
FORDECでの活動

FORDECデイケアセンターにて、子どもたちと交流・子どもたちの自宅

(低所得層家庭)訪問

3月25日(金)

ラヨーン県へ移動

FHCP2011タイボランティアスタッフと顔合わせ

FHCP2011事前準備

3月26日(土) FHCP2011
開会式、手洗いダンス、海水浴、ブース別ワークショップ活動(日本文化紹介)、参加各団体のパフォーマンス披露
3月27日(日) FHCP2011
軍用船乗船体験、海岸清掃活動、ブース別ワークショップ活動(日本文化紹介)、海水浴、参加各団体のパフォーマンス披露
3月28日(月) FHCP2011
閉会式

バンコクへ移動

FHCPタイボランティアスタッフとの夕食会

3月29日(火) バンコクにて解散
子どもの村学園ムーバーンデックで子どもたちとバティック(ろうけつ染め)体験
子どもの村学園ムーバーンデックで子どもたちとバティック(ろうけつ染め)体験
FORDECで船と翼の会ふくしまから贈られた帽子をかぶる子どもたちと
FORDECで船と翼の会ふくしまから贈られた帽子をかぶる子どもたちと
タンマヌラックで子どもたちとぬり絵をする
タンマヌラックで子どもたちとぬり絵をする
子どもの村学園ムーバーンデックの川辺で子どもたちと川遊び
子どもの村学園ムーバーンデックの川辺で子どもたちと川遊び
第17回青少年国際交流全国フォーラム 埼玉大会
理事長あいさつ
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > タイ王国・スタディツアー2011
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.