MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > タイ王国スタディツアー2010
MACROCOSM Vol.90 発刊日2010年5月
 

Vol.90  2010年5月



macrocosm:Flash Book
・財団法人青少年国際交流推進センター...
・財団法人青少年国際交流推進センター...
・日本青年国際交流機構(IYEO)会...
・平成22年度日本青年国際交流機構(...
・タイ王国スタディツアー2010
・スリランカ教育支援プロジェクト_O...
・第8回「青年社会活動コアリーダー育...
・第8回「青年社会活動コアリーダー育...
・第16回青少年国際交流全国フォーラ...
・お知らせ
 

タイ王国・スタディツアー2010


(財)青少年国際交流推進センターでは2010年3月23日~30日まで、昨年に引き続き、自主事業として「タイ王国・スタディツアー2010」を実施し、全国から集まった21名が参加しました。 

「タイ王国・スタディツアー2010」では、タイの「希望あふれる子供たち(HopefulChildren)」の生活する児童養護施設を訪問し、それぞれの施設で子供たちと共に生活・活動することを通じて、子供たちとのコミュニケーションを深めました。活動を通じ、国際協力活動を実践するとともに、国際協調の精神を養いました。


<「希望あふれる子供たち(Hopeful Children)」とは...>
今年4月3日~5日、タイで、青少年健全育成プロジェクト「ForHopefulChildrenProject(FHCP)2010(希望あふれる子供たちのためのプロジェクト)」が実施されました。FHCPは、第2回「東南アジア青年の船」事業タイ既参加青年ウィスィット・デッカムトーン氏が代表を務めるボランティアグループ「FundforFriends」が毎年行う、「希望あふれる子供たち(HopefulChildren)」のための合宿型のプロジェクトで、20年目を迎えます。 このプロジェクトでは、社会的に恵まれない状況にある、孤児・ストリートチルドレン・被虐待児など、施設で保護・治療を受けている子供たち、また、視覚・聴覚障がい、肢体不自由などの身体障がい、精神・知的障がいをもつ子供たちなどを、「希望あふれる子供たち」と呼んでいます。希望あふれる子供たちは物質・教育的な制限があるため競争社会でのチャンスが少ないとしても、このプロジェクトへの参加を通じ、自分たちを思う人の存在に気づき、自信をもって育ち、競争社会においてしっかりと成長するきっかけとなることをねらって、このプロジェクトが行われています。 今回の「タイ王国・スタディツアー2010」では、当初、FHCPへ参加する予定でしたが、直前の日程変更により、FHCPへの参加はできませんでした。それに代わり、「希望あふれる子供たち」の生活する児童養護施設4か所を訪問しました。

【訪問施設】
(1)子供の村学園ムーバーンデック 

  カーンチャナブリー県にある児童養護施設「子供の村学園ムーバーンデック」は、1979年に設立

  されたNPOで、両親のいない又は貧困・家庭崩壊などの事情で育児のできない家庭出身の子供

  たちを預かっている施設です。3歳以上の子供たちが共同生活をする場であり、タイ教育省から

  認可を受けた彼らの学校でもあります。子供たちが既成の概念にとらわれることなく、自分たちに

  最も適切なやり方(オルタナティブ教育)を受けることができる小さなコミュニティーです。


(2)タンマヌラック 

  カーンチャナブリー県にあるタンマヌラックは、仏教の精神に基づき尼僧により設立され、さまざま

  な理由で両親のいない又は育児のできない家庭出身の子供たちを預かっています。子供たちの

  うち、約3割は両親のいない子供たち、約3割は山岳地域のカレン族の子供たち、約4割はタイ・

  ミャンマー国境地域で生まれた無国籍のモン族の子供たちです。また、子供たち全体のうち7割強

  が女の子です。


(3)Christian Care Foundation for Children with Disabilities in Thailand (CCD) 

  バンコクの北、ノンタブリー県にあるCCDは、経済的理由などにより育児のできない家庭出身の

  障がいのある子供たちをサポートしています。CCDでは、今どのような理由で家族と生活できない

  としても、子供は産みの親を知るべきと考えており、子供たちが産みの親と再会できることを目標

  の一つにおいています。


(4)Foundation of Rehabilitation and Development of Children and Family (FORDEC) 

  バンコク郊外にあるFORDEC(フォルデック)は、「困難を抱えたすべての人々に対する愛と

  心配り」をモットーに活動しています。

  その対象には、子供や若者、家族、高齢者、障がい者、ホームレス、放浪者、麻薬依存者、

  虐待被害者など、困難を抱えたすべての人が含まれます。今回のスタディツアーでは、バン

  コクの南東、サムットプラーカーン県のスラム街に位置する低所得層家庭の子供たちのため

  のデイケアセンターを訪問しました。


月日 動内容 場所
3月23日(火) バンコク集合 バンコク
3月24日(水)

ナコーンラーチャシーマーへ移動

Happy Hopeful Children Project 

 開会式、文化紹介

 アドベンチャー・ベース、プールで子供たちと交流

ナコーンラーチャシーマー県

グリナリー・リゾートライフ・パーク

3月25日(木)

カーンチャナブリーへ移動

クウェー川鉄橋(戦場にかける橋)視察

カーンチャナブリーでの活動

 子供の村学園ムーバーンデックにて

 子供たちと交流

 子供の村学園ムーバーンデック滞在(2泊)

カーンチャナブリー県
3月26日(金)

カーンチャナブリーでの活動

 植樹(平和祈念の植樹)

 タンマヌラック訪問(施設見学、子供たちと交流)

 子供の村学園ムーバーンデックにて子供たちとの

 交流会・文化紹介

3月27日(土)

ノンタブリーへ移動

ノンタブリーでの活動

 CCD団体紹介、施設見学

 CCDにて子供たちと交流

 CCD滞在(2泊)

ノンタブリー県
3月28日(日)

クレット島(チャオプラヤー川の中洲)へのデイトリップ

ノンタブリーでの活動

 CCDにて子供たち・外国人ボランティアとの交流会・文化紹介

3月29日(月)

サムットプラーカーンへ移動

サムットプラーカーンでの活動

 FORDECデイケアセンターにて子供たちと交流

 子供たちの自宅(低所得層家庭)訪問

サムットプラーカーン県

バンコクへ移動

タイボランティアスタッフとの夕食会

バンコク
3月30日(火) バンコクにて解散
平和を祈念し、子供たちと植樹(カーンチャナブリー)
平和を祈念し、子供たちと植樹(カーンチャナブリー)
障がいを感じさせない元気な子供たち(CCD)
障がいを感じさせない元気な子供たち(CCD)
ソーラン節を体いっぱいに表現する(グリナリー・リゾート)
ソーラン節を体いっぱいに表現する(グリナリー・リゾート)
2日間のボランティアを終え、修了証を手にする参加者全員(CCD)
2日間のボランティアを終え、修了証を手にする参加者全員(CCD)
  • 表示ページ 
  • 1
  • 2
  • NEXT
第4回「国際交流リーダー養成セミナー」
平成22年度「国際青年育成交流」事業 国際青年交流会議概要
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > タイ王国スタディツアー2010
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.