MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 平成21年度「国際理解教育支援プログラム」
MACROCOSM Vol.89 発刊日2010年3月
 

Vol.89  2010年3月



macrocosm:Flash Book
・第4回「国際交流リーダー養成セミナ...
・青年国際交流事業50年既参加青年の...
・国際理解教育支援プログラム
・平成21年度内閣府青年国際交流事業...
・第36回「東南アジア青年の船」事業...
・青少年国際交流を考える集い(北信越...
・青少年国際交流を考える集い(近畿ブ...
・お知らせ
 

平成21年度「国際理解教育支援プログラム」


(財)青少年国際交流推進センター(CENTERYE)は、青少年国際交流事業の実施、青少年国際交流に関する啓発、情報提供、支援などを通じて、社会の各分野において国際化時代にふさわしい青少年の育成を目標としています。 

その具体的な活動の一つとして、内閣府青年国際交流事業に参加した在日外国青年等を日本の学校等に派遣する「国際理解教育支援プログラム」を平成16年度から実施しており、今回は、今年度第4回目の東京都で実施されたプログラムについて報告します。


実施先:東京都立大塚ろう学校江東分教室
日 時:平成22年3月8日(月)13:40~15:15
担 当:赤司 郁子教諭(平成6年度「国際青年育成交流」事業(トンガ)副団長)
参加者:小学部4・5・6年生 計8名

◆講師

派遣された既参加青年等 出身国 参加事業
Ashraf Samman エジプト 第16回「世界青年の船」事業参加青年

◆単元名:「外国の遊び、日本の遊び」時間内容


◆スケジュール

時間 内容
13:40-13:50

導入

①本時のねらいを知る:工夫をして伝えよう/仲良くなろう

②活動内容を知る:外国の遊びと日本の遊びを紹介し合うことを知る

③自己紹介をしよう:習った英語で簡単な自己紹介とあいさつをする

13:50-14:15

活動Ⅰ

①外国の話を聞こう:外国人講師からエジプトの話を聞く

②交流:一人ずつ、順番に知りたいことを質問する

14:15-15:05

活動Ⅱ

①日本の遊び1:児童が準備、練習したコマ回しを披露し、みんなで遊ぶ

②外国の遊び:エジプトの遊びを紹介してもらい、みんなで遊ぶ

③日本の遊び2:児童が準備、制作した「副笑い」を実演し、みんなで遊ぶ

15:05-15:15

まとめ

①感想を話し合う

②終わりの言葉


◆同行者の観察

昨年12月にも児童が英語で自己紹介をしたが、今回は、前回よりはるかに上手になっていて、その進歩に驚いた。英語を学ぶのは、外国の方とコミュニケーションをするためということを先生が繰り返し説明し、子どもたちも自分の英語が相手に通じる喜びを知るようになったためだろう。 

今回は、エジプト人講師のアシュさんが、ゆっくりとした明快な日本語でエジプトの文化、教育、歴史、地理の説明をした。板書したり、絵を描いたり、地図を使ったりしたため、子どもたちにもわかりやすく、30分以上に及ぶ講師の話を集中して聴いていた。 

次に今回のテーマの「遊び」の発表をした。男子児童がコマ回しを披露し、女子児童が福笑いを実演した。よく練習していたようで、コマは勢いよく回っていたし、福笑いは表情豊かで歓声があがるほどだった。アシュさんからは、エジプト式のジャンケンなどを教わり、子どもたちはすぐにルールを飲み込んで新しい遊びに夢中になっていた。 

最後に、赤司先生がまとめの話をされ、コミュニケーションが難しいように思えても、あきらめないで、自分が伝えたいことを工夫して相手に伝えることが大切だと強調された。字を書いたり、絵を描いたり、辞書を相手に見せることもできるし、また、アシュさんのように、自分の国のことを他の国の人に詳しく説明できるよう、いろいろなことを深く勉強するよう子どもたちに勧めていたのが印象的だった。


本プログラムの利用・参加を希望される方はe-mail: iuesp@iyeo.or.jp

tel: 03-3249-0767 fax: 03-3639-2436までお問い合わせください。

 
エジプトの歴史についてパピルスを使って説明するアシュさん
エジプトの歴史についてパピルスを使って説明するアシュさん
コマのまわし方の説明と実演をする男子児童
コマのまわし方の説明と実演をする男子児童
エジプトのジャンケンを教えてもらう
エジプトのジャンケンを教えてもらう
エジプトの遊びを教えてもらい、みんなで挑戦する
エジプトの遊びを教えてもらい、みんなで挑戦する
福笑いの説明をする女子児童
福笑いの説明をする女子児童
アラビア語でカードに自分の名前を書いてもらう
アラビア語でカードに自分の名前を書いてもらう
第22回「世界青年の船」事業(地方プログラム/課題別視察等)
財団法人青少年国際交流推進センター会長挨拶
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 平成21年度「国際理解教育支援プログラム」
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.