MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 日韓青年親善交流のつどい(11月6日~8日)
MACROCOSM Vol.88 発刊日2010年2月
 

Vol.88  2010年2月



macrocosm:Flash Book
・第22回「世界青年の船」事業(地方...
・「日本・韓国青年親善交流」事業(日...
・「日本・中国青年親善交流」事業(招...
・国際理解教育支援プログラム(宮城/...
・日中青少年交流事業
・内閣府青年国際交流事業 大学説明会
・お知らせ
 

日韓青年親善交流のつどい(11月6日~8日)


「日本・韓国青年親善交流」事業(韓国青年招へい)の東京プログラムとして、11月6日から8日、千葉県長生郡にある日本エアロビクスセンターで「日韓青年親善交流のつどい」を開催しました。 これは日韓両国の青年が一堂に会し、寝食を共にすることにより、互いの文化や考え方を理解することを目的としているプログラムで、韓国青年代表団の他、内閣府青年国際交流事業既参加青年及び一般参加青年からなる日本青年合わせて約60名が参加しました。 今年度の取組として、プログラム冒頭に課題別視察を行いました。ディスカッション・テーマである「教育」と「環境」に関連する施設を日韓両国の青年が共に訪問し、現場視察や訪問先の担当者と懇談することにより知識を深め、その後のディスカッションに広がりを持たせることをねらいとしました。

 参加青年
 ・韓国招へい青年26名(団長1名、通訳2名、団員23名)
 ・日本参加青年 22名(内閣府青年国際交流事業既参加青年及び一般参加青年)
 ・実行委員  11名(内閣府青年国際交流事業既参加青年)

プログラム内容

11月6日(金)

10:00〜12:15

12:30〜13:30

14:50〜17:00

<課題別視察(教育コース)> 

明治学院大学訪問

昼食

日本エアロビクスセンターへ移動(バス)

10:00〜12:00

12:40〜13:40

14:50〜17:00

<課題別視察(環境コース)>

中央防波堤埋立処分場訪問

昼食

日本エアロビクスセンターへ移動(バス)

     17:00

18:30〜21:00

日本エアロビクスセンター入所、チェックイン

夕食交流会

11月7日(土)

8:15〜10:30

10:30〜14:30

15:00〜17:25

18:45〜21:00

レクリエーション及びオリエンテーリング

料理交流

ディスカッション テーマ「教育」「環境」

交流の夕べ

11月8日(日)

      8:45

9:05〜10:30

11:00〜12:30

チェックアウト

日本エアロビクスセンター発

お台場着、昼食及び閉会式

課題別視察で中央防波堤埋立処分場を訪問し、職員からゴミ処理についての説明を受ける(環境コース)
課題別視察で中央防波堤埋立処分場を訪問し、職員からゴミ処理についての説明を受ける(環境コース)
話し合う内容について説明をする実行委員(ディスカッション)
話し合う内容について説明をする実行委員(ディスカッション)
グループで話し合ったことを発表する(ディスカッション)
グループで話し合ったことを発表する(ディスカッション)
課題別視察で学んできたことをもとに小グループに分かれて話し合う (ディスカッション)
課題別視察で学んできたことをもとに小グループに分かれて話し合う (ディスカッション)
日韓青年がお互いに交換したプレゼントを手に記念撮影(交流の夕べ)
日韓青年がお互いに交換したプレゼントを手に記念撮影(交流の夕べ)
日韓両国の青年が協力してちらし寿司を作った(料理交流)
日韓両国の青年が協力してちらし寿司を作った(料理交流)
韓国から持参したプレゼントを渡す韓国青年(交流の夕べ)
韓国から持参したプレゼントを渡す韓国青年(交流の夕べ)
日韓混合チームで共に汗を流した(オリエンテーリング)
日韓混合チームで共に汗を流した(オリエンテーリング)
餅作りを体験する日韓両国の青年(料理交流)
餅作りを体験する日韓両国の青年(料理交流)

韓国青年の感想

・お互いの考え方が共有できる大切な時間だった。

・親密な交流を通して日本に対する新しい発見がたくさんあった。

・日本滞在中、最高のプログラムだった。既参加青年によるプログラムの企画・運営がすばらしく、

 細かい時間配分でとても充実した有益な時間であった。

・移動時間などちょっとした時間の合間にも充実したプログラムが行われてとても良かった。ラジオ

 体操、料理交流などのプログラムは印象深かった。

・プログラムを通して、実行委員の汗と情熱、そして、気遣いを感じることができ、とても感動した。

 ディスカッションも活発に行われ、楽しかった。

日本青年の感想

・異国の文化紹介だけではなく、人と人との交流に重点を置いたプログラムとして十分に楽しめた。

・ディスカッションや料理づくりなどの時間を通じて、夢や、将来の仕事など、具体的にいろんな話を

 することができ、本当に貴重な体験となった。

・内閣府の国際交流事業に初めて参加した。他の参加者とも全員初対面だったにもかかわらず、

 とても楽しく有意義な経験ができたのは、実行委員がプログラムを周到に練ってくださったおかげ

 だと思い、とても感謝している。

・韓国と日本の青年が一体となることの意義を感じた。このような体験を通じて、個人的には韓国

 の理解に向けて言葉や文化を勉強していきたい。また、地元IYEOの活動などを足がかりにし、

 韓国との接点を保ちながら、周囲に韓国の魅力を伝えていければと思っている。

・施設内で行うプログラムだけでなく、地域に触れられるプログラムも取り入れたら、より良かった

 と思う。

国際青年交流会議
第4回「国際交流リーダー養成セミナー」
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 日韓青年親善交流のつどい(11月6日~8日)
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.