MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 第21回「世界青年の船」事業
MACROCOSM Vol.86 発刊日2009年5月
 

Vol.86  2009年5月



macrocosm:Flash Book
・財団法人 青少年国際交流推進センタ...
・財団法人 青少年国際交流推進センタ...
・日本青年国際交流機構(IYEO)会...
・平成21年度 日本青年国際交流機構...
・第21回「世界青年の船」事業
・第7回「青年社会活動コアリーダー育...
・お知らせ①
・お知らせ②
 

第21回「世界青年の船」事業


◆日本国内プログラム

第21回「世界青年の船」事業は、日本参加青年108名と、カナダ、エジプト・アラブ共和国、フィジー諸島共和国、モーリシャス共和国、ニュージーランド、ノルウェー王国、ペルー共和国、トンガ王国、アラブ首長国連邦、バヌアツ共和国、ベネズエラ・ボリバル共和国、イエメン共和国から138名の青年が参加して実施されました。参加青年は平成21年1月から3月にかけて、「縁JOY?JourneyOfYouth?」のスローガンを掲げ、日本国内活動と40日間の船内及び訪問国活動を行いました。

日 程 活 動
1月14日 外国参加青年来日
1月15日~18日 日本国内活動(外国参加青年のみ)都内視察、地方プログラム(岩手県、栃木県、茨城県、三重県、香川県、大阪市)
1月18日~22日 出航前研修、国際連合大学訪問(日本参加青年は17日~研修開始)
1月23日 日本(横浜)出航
2月5日~7日 トンガ(ヌクアロファ)訪問国活動
2月11日~14日 ニュージーランド(オークランド)訪問国活動
3月3日 日本(晴海)帰港、外国参加青年離日

ボランティアスタッフの感想(抜粋)

リーダーとして、準備段階から大変なことばかりでしたが、終えてみて、かなりの達成感があります。

  至らない部分もあったと思いますが、青年から感謝され、「人のために何をどう行動すべきか」と

  いうことを考える力が身につきました。(都内視察)

「ありがとう。とても楽しかった」と言われた時はすごく嬉しかった。またエジプトに対する考えが

  大きく変わり、欧米とはまったく違うカルチャーショックを味わえた。(都内視察)

以前から(午前中に交流した)ヒッポファミリークラブに興味があったので、このような機会がもてて

  良かった。午後の早稲田大学

  訪問では、最近話題のオバマ大統領就任に関する各国青年の意見を聞くことができ、更に海外

  情勢に興味をもった。(課題別視察/異文化理解コース)

教育は画一的に行うのではなく、東京学芸大学附属高等学校大泉校舎のように生徒に合わせる

  ことが大切だと思った。(課題別視察/教育コース)

予想していた以上に多くの参加青年がNHKに興味を示し、質問をする姿が目に留まった。日本

  国民としてNHKに関する知識が深まって良かった。(課題別視察/情報・メディアコース)

以前から有機農業について興味はあったが、今回の訪問によって初めて知ったこともあり、循環

  型社会のための取組について詳しく学べた。(課題別視察/持続可能な地球社会コース)

以前から国際連合に興味があり、将来このような仕事をしたいと思っていたので、得難い経験を

  させていただいた。(課題別視察/国際連合コース)

「世界青年の船」事業の既参加青年が、この受入プログラムを支え、受入団体の青年と交流して

  いる姿を見て、参加青年たちも事後活動ついて考えるよい機会であると実感した。(課題別視察

  /青少年育成コース)

【都内視察】

 
 
日本人ボランティア青年の案内で明治神宮を訪れるトンガ参加青年
日本人ボランティア青年の案内で明治神宮を訪れるトンガ参加青年

【地方プログラム】

茶道の作法についての説明を受けた後、お茶をいただく(茨城県)
茶道の作法についての説明を受けた後、お茶をいただく(茨城県)
2泊3日のホームステイでお世話になる家族とあいさつをする(大阪市)
2泊3日のホームステイでお世話になる家族とあいさつをする(大阪市)

【コース別課題別視察】

東京学芸大学附属高等学校大泉校舎で高校生が「知的探求クラス」で地図の読取方法について学ぶ様子を見学(教育コース)
東京学芸大学附属高等学校大泉校舎で高校生が「知的探求クラス」で地図の読取方法について学ぶ様子を見学(教育コース)
佐藤指導官の有機農園を訪問し、持続可能な社会について学んだ後、農作業を手伝う(持続可能な地球社会コース)
佐藤指導官の有機農園を訪問し、持続可能な社会について学んだ後、農作業を手伝う(持続可能な地球社会コース)
日本BBS連盟を訪問し、コースメンバー全員で作り上げた連凧を揚げる参加青年たち(青少年育成コース)
日本BBS連盟を訪問し、コースメンバー全員で作り上げた連凧を揚げる参加青年たち(青少年育成コース)

◆船内活動

模擬国際連合安全保障理事会を実施し、仮想「ミンダナオ島紛争」をテーマに白熱した議論が展開された(国際連合セミナー)
模擬国際連合安全保障理事会を実施し、仮想「ミンダナオ島紛争」をテーマに白熱した議論が展開された(国際連合セミナー)
「国際連合の三層構造」について高橋一生指導官の講義で学ぶ(コース・ディスカッション)
「国際連合の三層構造」について高橋一生指導官の講義で学ぶ(コース・ディスカッション)
日本参加青年が「水」に関する環境教育ワークショップを主催し、多くの参加青年と共に環境について考える(PYセミナー&ワークショップ)
日本参加青年が「水」に関する環境教育ワークショップを主催し、多くの参加青年と共に環境について考える(PYセミナー&ワークショップ)
エジプトの参加青年による文化紹介(ナショナル・プレゼンテーション)
エジプトの参加青年による文化紹介(ナショナル・プレゼンテーション)
日本文化の体験として餅つきをする(グループ活動)
日本文化の体験として餅つきをする(グループ活動)
ピースカフェで広島や長崎の原爆被害について学んだ後、平和を祈念して千羽鶴を折る(自主活動)
ピースカフェで広島や長崎の原爆被害について学んだ後、平和を祈念して千羽鶴を折る(自主活動)

◆訪問国活動-トンガ

トンガの観光と文化を促進する「トンガン・ビレッジ」を訪問し、トンガの伝統文化であるカバ・セレモニーを体験する
トンガの観光と文化を促進する「トンガン・ビレッジ」を訪問し、トンガの伝統文化であるカバ・セレモニーを体験する
村訪問で地元青年からトンガの伝統的なダンスを習う
村訪問で地元青年からトンガの伝統的なダンスを習う

◆訪問国活動-ニュージーランド

異文化理解コースは人権委員会を訪問し、「人権とは何か」について意見交換をする(コース別課題別視察)
異文化理解コースは人権委員会を訪問し、「人権とは何か」について意見交換をする(コース別課題別視察)
学校訪問で民族衣装を着て自国の文化を生徒たちに紹介する
学校訪問で民族衣装を着て自国の文化を生徒たちに紹介する
約120名の地元青年を船上に招いて「Youth	Diversity	and	Identity	Event」を実施し、「多様性」に関するディスッションや文化交流をする
約120名の地元青年を船上に招いて「Youth Diversity and Identity Event」を実施し、「多様性」に関するディスッションや文化交流をする
平成20年度 青年社会活動コアリーダー育成プログラムNPOマネジメントフォーラム
国際青年交流会議
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 第21回「世界青年の船」事業
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.