MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 平成26年度国際青年育成交流事業(地方プログラム)
MACROCOSM Vol.108 発刊日2015年1月
 

Vol.108  2015年1月



macrocosm:Flash Book
・平成26年度国際青年育成交流事業(...
・平成26年度国際青年育成交流事業(...
・日本・ASEANユースリーダーズサ...
・第41回「東南アジア青年の船」事業...
・第41回「東南アジア青年の船」事業...
・国際理解教育支援プログラム
 

平成26年度国際青年育成交流事業

地方プログラム


 外国参加青年は9月27日(土)~ 10月5日(日)、3グループに分かれて地方プログラムに参加しました。ラオスとタンザニアの青年は、石川県と富山県を、ドミニカ共和国とカタールの青年は愛媛県と徳島県を、エストニアとヨルダンの青年は函館市と岐阜県を訪問しました。石川県、愛媛県、函館市では地元青年との2泊3日のディスカッション・プログラムに参加し、富山県、徳島県、岐阜県ではホームステイを体験しました。

  • 石川県

中西吉明石川県副知事を表敬訪問する
中西吉明石川県副知事を表敬訪問する
書道体験を通して日本の文化に触れる
書道体験を通して日本の文化に触れる
地元青年と話し合った内容を模造紙にまとめて発表する
地元青年と話し合った内容を模造紙にまとめて発表する
和食づくりを通して日本の食文化を体験する
和食づくりを通して日本の食文化を体験する
  • 富山県

帆船海王丸の内部を視察する
帆船海王丸の内部を視察する

受入実行委員会の感想

富山県青年国際交流機構会長 日南田 美幸

 今回の受入れは「子どもたち」がキーワードになりました。行く先々で14歳の挑戦(中学生職業体験プログラム)の子どもたちと接する機会がありました。帆船海王丸乗船時も100名余りの小学生が課外授業で乗船しており、青年たちと楽しそうに交流していました。伏木高校訪問では、クラスに分かれての交流の時間に、生徒が熱心に外国青年の話を聴いていました。全校集会では、外国青年が一生懸命に自国を紹介し、生徒も懸命に学ぼうとしていました。短い時間でしたが、小、中、高校生と接点があったことは、貴重な思い出になったことと思います。

 偶然にも、昨年の国際青年育成交流事業に参加したラオス青年が日本に留学していましたので、富山での「ホストファミリー説明会とラオス理解講座」の際に、講師として事業説明やホストファミリーへのアドバイスをしてもらいました。実体験にもとづくお話には説得力がありました。富山ではラオスと活発に交流している「南砺ラオス会」という団体があり、今回、この団体の方々と交流できたラオス青年もいたようで、帰国された後も何らかの形でつながりができるとよいと思っています。

 以前、タンザニア講演会を実施した際に、JICAの青年海外協力隊員OB会の方にお話をしていただきました。その講師の方から、今回の国際青年育成交流事業に参加する青年の中にJICAタンザニア事務所の人がいるということを聞いていましたが、その人が実際に富山県を訪れ、お話することができました。世界がつながっていることを実感しました。

グローバルリーダー育成事業
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 平成26年度国際青年育成交流事業(地方プログラム)
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.