MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 国際理解教育支援プログラム
MACROCOSM Vol.107 発刊日2014年9月
 

Vol.107  2014年9月



macrocosm:Flash Book
・グローバルリーダー育成事業
・エストニア共和国教育研究省大臣来訪
・国際理解教育支援プログラム
・IYEOスリランカ教育支援プロジェ...
・バーレーン政府主催国際青年会議(健...
 

一般財団法人 青少年国際交流推進センター主催

国際理解教育支援プログラム


 平成16年より実施している国際理解教育支援プログラムは、今年度も更に規模を拡大して、内閣府青年国際交流事業の参加経験がある在日外国青年等を講師として日本の学校等に派遣して授業を行い、国際的な視野を持つ青少年の育成に貢献する活動として実施しています。

 
 

■平成26年度 第1回

 日付  平成26年6 月19日(木)
 実施先  東京都中央区立佃島小学校
 担当者  佐久間明子先生(3学年主任)
 対象
 3年生(94名)
 プログラム の目的    子供たちが、自国と他の国の文化、生活、環境などの違いを知ること によって、視野を広げるとともに、自国の文化や他の国の文化を互い に尊重し合う態度を育てることを目的とする。
 派遣講師

 Ms. Heydee Marcutearquez(ベネズエラ)

 Mr. Liu Mingquan(中国)

 Mr. Leng Chandara(カンボジア) 

■ 受入担当者の感想 

中央区立佃島小学校教諭 佐久間 明子(3年担任)

 今年度も3年生が国際理解教育授業を行いました。3年生は、外国人の児童や幼少期を海外で過ごし、帰国してきた児童などもおり、国際色豊かな学年です。授業では、英語、日本語、母国語を授業中に使い分け、分かりやすく説明してくださる外国人講師の方々に子供たちも感激したようです。また、写真等を使ってわかりやすくその国の様子を伝えてくださったことは、とても勉強になりました。講師の方から子供の時に遊んだゲームを教えてもらうこともできたので、児童たちは大興奮でした。日本の遊びに似ているルールもあり、日本以外の国を身近に感じる時間にもなりました。

 授業の後は、給食を一緒に食べました。どの子も近くで食べてほしい、 もっと話したい、という思いがいっぱいで、楽しい時間はあっという間に過ぎました。 幼少時からいろいろな国の人たちと触れ合うことやその国の文化を知ることは、これからの国際社会で生きていく子供たちにとって、とても重要なことだと考えています。一緒に過ごして楽しかった思いが、他の国の文化を理解し、尊重し、人として相手を思いやる心にもつながることを期待したいと思います。

3人の外国人講師が授業の前に子供たちと交流する
3人の外国人講師が授業の前に子供たちと交流する
中国のLiu Mingquan講師が、中国について紹介する
中国のLiu Mingquan講師が、中国について紹介する

■平成26年度 第2回

 日付  平成26年6 月21日(土)
 実施先  東京都品川区立清水台小学校
 担当者  白倉 直明副校長、脇田学先生
 対象  全校児童 
 プログラム の目的

 1. 日本人としての自覚をもち、自己の確立を目指す。

 2. 相手の立場や文化を尊重しつつ、自分の考えや意思を表現する。

 3. これまで身に付けた英語を活用してコミュニケーションを図る。

 派遣講師

 Ms. Cameron Nitta (アメリカ合衆国・ハワイ)

 Mr. Said Al Duhli(オマーン)

 Mr. Eng Soon Teo(シンガポール)

■ 受入担当者の感想

  品川区立清水台小学校 副校長 白倉 直明

 本校では、国際理解教育に力を入れています。今年度も外国の方との交流を通 して、異文化理解とコミュニケーション能力の向上を目指しています。授業の最初、 子供たちは、講師の方のお国の言葉であいさつをしました。シンガポールの方からは、シンガポールが多くの民族の人々と仲良く生活している国であることを教 えていただきました。オマーンの方からは、アラビア文字を教えていただき、子 供たちは、読み方が日本語と全くちがうことに驚きました。ハワイの方とは一緒 にフラダンスを踊り楽しみました。子供の時から異文化に直接触れることにより、 他国の文化を尊重するとともに、自国の文化に誇りをもてる人間に育てていきた いと考えております。

オマーンのSaid Al Duhli講師がアラビア語を子供たちに教える
オマーンのSaid Al Duhli講師がアラビア語を子供たちに教える
シンガポールのEng Soon Teo講師がシンガポールの文化について 発表する
シンガポールのEng Soon Teo講師がシンガポールの文化について 発表する

■平成26年度 第3回

 日付  平成26年7月9日(水)
 実施先  東京都大田区立入新井第四小学校
 担当者  棚瀬先生(3年生担任)
 対象  3年生(55名)
 プログラム

 外国人講師がその国について紹介をするとともに、各国 の遊びを児童が楽しむ。

 派遣講師

 Mr. Ahmed Elsayed Moustafa Hegab(エジプト)

 Mr. Atanaphone Vatthana(ラオス)

■講師の感想

  Atanaphone Vatthanaさん(ラオス)

 講師として参加し、子供たちとの交流を通じて日本の学校教育につ いてこれまで以上に多くのことを学ぶことができました。授業の時間 配分も良く、とても充実したプログラムとなりました。今後、また訪 問する際は、先生との交流も含め、もっと子供たちともディスカッショ ンをしたいと思います。

授業後に児童から外国人講師宛に届いた御礼の手紙
授業後に児童から外国人講師宛に届いた御礼の手紙
ラオスのAtanaphone Vatthana講師が自国の遊びを子供たちに教える
ラオスのAtanaphone Vatthana講師が自国の遊びを子供たちに教える
エジプトのAhmed Elsayed Moustafa Hegab講師がイスラム文化を子供たちに 教える
エジプトのAhmed Elsayed Moustafa Hegab講師がイスラム文化を子供たちに 教える

■平成26年度 第4回

 日付  平成26年8月2日(土)
 実施先  ギャラクシティ・こども未来創造館
 担当者  山本良子様、内野亜沙美様
 対象  小学生と未就学児4~5歳及び保護者約50名
 プログラム

 ハワイの文化やフラダンスを学ぶ (ハワイアン・ムームーカード作りを含む)

 派遣講師

 Ms. Cameron Nitta(アメリカ合衆国・ハワイ)

ハワイアン・ムームーカード作りと完成したハワイアン・ ムームーカード
ハワイアン・ムームーカード作りと完成したハワイアン・ ムームーカード
Cameron Nitta講師がハワイの歴史や文化についてお話しする
Cameron Nitta講師がハワイの歴史や文化についてお話しする
「Pearly Shells S ハワイアン・ムームーカード作りong」に合わせてフラダンスをする
「Pearly Shells S ハワイアン・ムームーカード作りong」に合わせてフラダンスをする
一般財団法人青少年国際交流推進センター
平成26年度国際青年育成交流事業(国際青年交流会議)
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 国際理解教育支援プログラム
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.