MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > エストニア共和国教育研究省大臣来訪
MACROCOSM Vol.107 発刊日2014年9月
 

Vol.107  2014年9月



macrocosm:Flash Book
・グローバルリーダー育成事業
・エストニア共和国教育研究省大臣来訪
・国際理解教育支援プログラム
・IYEOスリランカ教育支援プロジェ...
・バーレーン政府主催国際青年会議(健...
 

エストニア共和国教育研究省大臣来訪


ヤヴゲニ・オシノフスキ教育研究省大臣から記念品を受け取る 一般財団法人青少年国際交流推進センター大橋玲子事務局長
ヤヴゲニ・オシノフスキ教育研究省大臣から記念品を受け取る 一般財団法人青少年国際交流推進センター大橋玲子事務局長
 平成26年6月24日、エストニア教育研究省大臣ヤヴゲニ・オシノフスキ氏が一般財団法人青少年国際交流推進センターを訪問されました。オシノフスキ大臣は1986年3月15日生まれの28歳で、6月25日~ 26日に開催されたOECD閣僚会議に参加するために来日されました。当日は、トイヴォ・タサ エストニア共和国特命全権大使、教育研究省クリスティー・ミキヴァー教員部長、教育研究省カトリン・レインEU国際協力局アドバイザー、エストニア大使館トーマス・モール一等書記官兼領事も同行されました。  オシノフスキ大臣は、一般財団法人青少年国際交流推進センターの沿革や活動内容について強い興味を示され、また、日本青年国際交流機構(IYEO)の国際的な活動や、日本とエストニアとの青年交流事業の説明に関しても熱心に耳を傾けられ、1時間以上にわたって和やかな雰囲気の中、懇談が行われました。
一般財団法人青少年国際交流推進センターの活動内容やIYEOの説明を熱心に 聴くエストニア側の来訪者
一般財団法人青少年国際交流推進センターの活動内容やIYEOの説明を熱心に 聴くエストニア側の来訪者
左手前より、ヤヴゲニ・オシノフスキ大臣、トイヴォ・タサ エストニア共和国特命 全権大使、トーマス・モール一等書記官兼領事
左手前より、ヤヴゲニ・オシノフスキ大臣、トイヴォ・タサ エストニア共和国特命 全権大使、トーマス・モール一等書記官兼領事
懇談後に、当センターのスタッフと共に記念撮影するヤヴゲニ・オシノフスキ教育研究省大臣(最前列左から3人目)
懇談後に、当センターのスタッフと共に記念撮影するヤヴゲニ・オシノフスキ教育研究省大臣(最前列左から3人目)

国旗の色  

 エストニア国旗に使用されている青、黒、白の三色の意味合いについては「青は祖国の上に広がる青空、黒は国土への愛着とエストニアの運命、白は勤勉を指す」(エストニアの詩人マーティン・リップ)という解釈が一般的です。  天皇皇后両陛下が2007年にエストニアを訪問された際、皇后陛下はこの三色を配した洋服をお召しになっていました。

IT先進国  

 1991年にロシアから独立したエストニアは、西側の一員となることを目標とし、ITを国造りの柱としました。インターネット通話で知られるSkypeはエストニアで開発され、現在もその最大の研究・開発施設がエストニアにあります。  15才以上の全ての国民・居住者に国民IDカードが配布され、本人確認及びオンライン認証、電子署名などに活用され、ほぼすべての操作にこのIDカードが必要です。

 閣議はスクリーンとパソコンのみで行い、紙は一切使用しません。新会社の設立手続は20 ~ 30分で完了しますし、銀行取引の99%はインターネットによるものです。また、2005年の地方選挙及び2007年の国政選挙より、本格的な電子投票を実施しています。  2007年に大規模なサイバー攻撃を受けたことがあり、その経験から、翌2008年にNATOサイバー防衛センターが首都タリンに設置されました。

 
 
一般財団法人青少年国際交流推進センター
平成26年度国際青年育成交流事業(国際青年交流会議)
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > エストニア共和国教育研究省大臣来訪
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.