MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > グローバルリーダー育成事業
MACROCOSM Vol.107 発刊日2014年9月
 

Vol.107  2014年9月



macrocosm:Flash Book
・グローバルリーダー育成事業
・エストニア共和国教育研究省大臣来訪
・国際理解教育支援プログラム
・IYEOスリランカ教育支援プロジェ...
・バーレーン政府主催国際青年会議(健...
 

グローバルリーダー育成事業 帰国報告会


  • テーマ:わたしのリーダー像 ~想いをカタチに~

 平成26年7月6日(日)、グローバルリーダー育成事業の帰国報告会を国立オリンピック記念青少年総合センターにて開催しました。日本参加青年は18名の実行委員を中心に、各ディスカッションコースによる発表・パネルディスカッション・展示ブースによる分科会を企画・運営し、自身の体験を積極的に来場者へ話しました。また、休憩時間には海外研修※で訪問した国のお菓子などを用意し、来場者に展示物の説明等も行いました。当日は一般参加者を含め約170名の参加者で実施しました。

※海外研修:日本参加青年はディスカッションコースごとに、バーレーン(青年起業)、フィジー(環境)、メキシコ(情報・メディア)、トルコ(異文化理解)に派遣された。

コース・ディスカッション(異文化理解)で学んだこ とを今後どのようにいかすかを発表する
コース・ディスカッション(異文化理解)で学んだこ とを今後どのようにいかすかを発表する
パネルディスカッションで事後活動等について発表する
パネルディスカッションで事後活動等について発表する
 
 

プログラム

 13:00〜13:30  開会式
 13:35〜14:00  委員会についての発表
 14:00〜14:40  コース・ディスカッションで の成果発表
 14:40〜14:55  寄港地活動についての発表
 14:55〜15:10  休憩
 15:10〜15:40  パネルディスカッション (事後活動報告を含む)
 15:40〜16:15  分科会
 16:15〜16:25  閉会式
来場者からの質問に答える
来場者からの質問に答える
海外研修で訪問した国々のお菓子を来場者にふるまう
海外研修で訪問した国々のお菓子を来場者にふるまう
参加青年の発表に熱心に耳を傾ける聴衆
参加青年の発表に熱心に耳を傾ける聴衆

報告会実行委員長 小林 穂菜美  

グローバルリーダー育成事業帰国報告会を無事に終了することができ、関係各位に感謝申し上げます。本番までは、どれくらいの人に足を運んでもらえるのか、我々の気持ちは来場者にどのように伝わるのか、いよいよ始まるというワクワクした気持ちと同時に不安を感じていたことを今もよく覚えています。  海外研修から帰国した翌日に有志の実行委員メンバーが決まりました。実行委員会等を通じて本事業中から事業後に自分たちの学びをどのようにいかしていけるかということを考えました。我々参加青年一人一人が、事業中に得たことや悩んだことなどが異なるため、違いを理解し合いながら報告会でどのように伝えるべきか悩む場面も多々ありました。しかし、当日は多くの皆様が来場してくださり、「今日は来て良かった」、「自分自身が内閣府青年国際交流事業に参加するイメージがはっきりと湧きました」「これから事業に応募してぜひ参加したいです」というような感想を聞き、とても嬉しい気持ちになりました。  また、報告会を一緒に作り上げた実行委員会のメンバーをはじめ、この日のために全国各地から駆け付け、展示物の作成や紹介を行った仲間に出会えたことへの感謝の気持ちと尊敬の念を改めて抱きました。事業を超えたつながりも広がったので、今後はもっと積極的に事後活動に取り組んでいきたいと考えています。

 
 
一般財団法人青少年国際交流推進センター
平成26年度国際青年育成交流事業(国際青年交流会議)
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > グローバルリーダー育成事業
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.