MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > グローバルリーダー育成事業
MACROCOSM Vol.107 発刊日2014年9月
 

Vol.107  2014年9月



macrocosm:Flash Book
・グローバルリーダー育成事業
・エストニア共和国教育研究省大臣来訪
・国際理解教育支援プログラム
・IYEOスリランカ教育支援プロジェ...
・バーレーン政府主催国際青年会議(健...
 

グローバルリーダー育成事業


メキシコ合衆国(情報・メディアコース)

日程 活動
 2月12日(水)  東京(成田)出発(ダラス経由) メキシコ・シティ到着    (全日程宿泊メキシコ・シティ)
 2月13日(木)

 テオティワカン遺跡見学

 コース関連課題別視察:イベロ・アメリカナ大学訪問

 (市民運動「Yo Soy 132」について、学生との意見交換)

 2月14日(金)

 メキシコ青年庁表敬訪問 日本国大使館表敬訪問 歓迎レセプション(日本国大使公邸)

 2月15日(土)

 振り返りと訪問先の事前準備

 SWYAAメキシコとの昼食交流会、ホームステイへ

 2月16日(日)

 ホームステイ

 2月17日(月)

 コース関連課題別視察:メキシコ国立自治大学(UNAM)

 (キャンパスツアー、学生との交流・アイスブレイキング)

 コース関連課題別視察:ジャーナリストによる講義(メキシ コのメディアの歴史概要、学生とSNSの活用について意見 交換)

 学生との昼食交流会

 コース関連課題別視察:社会活動家によるワークショップ

 コヨアカン地区視察・夕食

 振り返り

 2月18日(火)

 文化体験と昼食:アマトラン村 (小学校訪問、博物館見学、 グループごとの社会活動・文化体験ワークショップ[博物館清 掃、伝統工芸体験、タコス作り、伝統医療])

 フェアトレードに取り組むレストランにて夕食、質疑応答

 2月19日(水)

 メキシコ・シティ出発(ダラス経由)

 2月20日(木)  東京(成田)到着
イベロ・アメリカナ大学で日本とメキシコの若者の政治への関心について話し合う
イベロ・アメリカナ大学で日本とメキシコの若者の政治への関心について話し合う
メキシコ青年庁で青年を取り巻く環境について説明を受けた後、自らの5年後の 展望について語る参加青年
メキシコ青年庁で青年を取り巻く環境について説明を受けた後、自らの5年後の 展望について語る参加青年
歓迎レセプションで目賀田周一郎在メキシコ日本国大使やメキシコ既参加青年との記念撮影
歓迎レセプションで目賀田周一郎在メキシコ日本国大使やメキシコ既参加青年との記念撮影
世界遺産になっているメキシコ国立自治大学を学生と一緒に 見学する
世界遺産になっているメキシコ国立自治大学を学生と一緒に 見学する
既参加青年の家でのホームパーティーでメキシコの伝統行事「ピニャータ」を体 験する
既参加青年の家でのホームパーティーでメキシコの伝統行事「ピニャータ」を体 験する

メキシコ合衆国 豆知識
人口: 約1億2,233万人(2013年国連)
首都: メキシコ・シティ
言語: スペイン語
宗教: カトリック(国民の約9割)
在留邦人数: 8,095名(2012年10月現在)
在日メキシコ人数: 2,683名(2012年)
二国間関係: 1613年10月に支倉常長の慶長遣欧使節団がメキシコ(当時スペイン領)との直接交易関係の樹立を目指して仙台を出帆し、1614年1月にアカプルコの港に到着してから400周年に当たることから、2013年及び14年を「日メキシコ交流年」と位置づけ、日墨両国で記念行事が行われている。
(出典:外務省ウェブサイト「各国・地域情勢」より)

 
 
一般財団法人青少年国際交流推進センター
平成26年度国際青年育成交流事業(国際青年交流会議)
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > グローバルリーダー育成事業
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.