MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 国際理解教育支援プログラム
MACROCOSM Vol.106 発刊日2014年4月
 

Vol.106  2014年4月



macrocosm:Flash Book
・一般財団法人青少年国際交流推進セン...
・一般財団法人青少年国際交流推進セン...
・日本青年国際交流機構(IYEO)会...
・第12回「青年社会活動コアリーダー...
・タイ王国・スタディツアー2014
・国際理解教育支援プログラム
・IYEOスリランカ教育支援プロジェ...
・アジア太平洋経済協力(APEC)青...
・第1回薬物乱用防止についての青年リ...
 

一般財団法人 青少年国際交流推進センター主催

国際理解教育支援プログラム




 国際理解教育支援プログラムは平成16年より実施しており、内閣府青年国際交流事業の参加経験がある在日外国青年等を講師として日本の学校等に派遣して授業を行い、国際的な視野を持つ青少年の育成に貢献しています。平成25年度は7か所で計8回のプログラムを実施しました。

 
 

■平成25年度 第7回

日付 平成26年3月12日(水)
実施先 埼玉県所沢市立南小学校
担当者 増田英明校長、御菩薩池好行先生
対象 4年生(131名)
プログラム 「世界に目を向けよう」~大切にしているものは何ですか~
派遣講師

ジョン・ジフンさん(韓国)

Mr. Hay Vanna(カンボジア)

Mr. Jaime Mupas Collado, Jr.(フィリピン)

Mr. Ahmed Elsayed Moustafa Hegab(エジプト)

■ 受入担当者の感想 

所沢市立南小学校教諭 御菩薩池 好行


 所沢市立南小学校は、明治7年に開校した前身の吾妻小学校から139周年、校名改称後、60周年を迎える学校で、校区の南側には「となりのトトロ」の舞台のモデルとなった八国山が広がり、約760名の児童が登校しています。本校では、4年生児童が総合的な学習の時間で「世界に目を向けよう」という学習をしています。「外国の人たちが大切にしていることやものは何か」をキーワードに、外国生活経験者から話を聞いたり、本やインターネットを活用して調べたりする活動を行ってきました。今回、これまでの学習のまとめとして、外国の方々と実際に交流ができないかと考え、一般財団法人青少年国際交流推進センターに授業実施の依頼をしました。親身に相談にのっていただき、本校児童の実態に合わせ、講師4名を派遣していただきました。また、当初は教室での外国人講師による国紹介のみを考えていましたが、外国の子供たちの遊びを通した交流を提案していただき、1時間目は各国の紹介と質疑応答、2時間目は体育館での交流授業をすることができました。児童にとっては、外国の文化や生活習慣を知るだけでなく身体を動かした交流を通して、海外に対する関心を更に深める機会となりました。

エジプトの文化や教育について学び、日本との違いに驚く 児童たち
エジプトの文化や教育について学び、日本との違いに驚く 児童たち
カンボジアの教育制度についての話に熱心に耳を傾ける 児童たち
カンボジアの教育制度についての話に熱心に耳を傾ける 児童たち

■ 講師の感想

ジョン・ジフンさん(韓国)


 私は今回初めて日本の小学校を訪問しました。韓国と似ていることも多いのですが、全く違うこともたくさんありました。印象的で驚いたことは、子供たちが集合や団体行動のとき、小学4年生とは思えないほど「秩序ある行動」をしていたことです。

 小学校へ訪問する前は、「日本には韓国人が多く、地理的にも近いので、子供たちは既に韓国のことをよく知っていて、あまり興味がないのではないか」という不安がありましたが、実際に小学校で韓国について発表すると、子供たちは真剣に聴き、質問を積極的にして、韓国に興味を持ってくれたので、本当に嬉しかったです。発表では、「国際化のためには、まず自分の国のことを知るべきだ」と伝えましたが、子供たちが韓国の伝統的な遊びなどについて質問してきたとき、自分自身もまだ韓国について知らないことがたくさんあるのではないかと反省しました。

 このプログラムは、日本の子供たちに外国のことや国際化に対する姿勢や考え方を教えるものである一方、講師として参加する外国人もいろいろ学ぶことができ、とても良い国際交流事業だと思いました。もっと子供たちと触れ合う時間があれば良かったと思ったので、次回は自分から更に積極的に接し、様々なことが共有できるように

したいと思います。

韓国の教育制度や子供たちの生活の様子について多 くの質問をする児童たち
韓国の教育制度や子供たちの生活の様子について多 くの質問をする児童たち
フィリピンの子供たちの遊びを体験する児童たち
フィリピンの子供たちの遊びを体験する児童たち

◆問合せ先 

国際理解教育支援プログラム担当:田中 佐代子・大久保 正美  E-mail: iuesp@iyeo.or.jp Tel: 03-3249-0767

JENESYS2.0 日ASEAN学生会議
グローバルリーダー育成事業
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 国際理解教育支援プログラム
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.