MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > JENESYS2.0 日ASEAN学生会議
MACROCOSM Vol.105 発刊日2014年4月
 

Vol.105  2014年4月



macrocosm:Flash Book
・JENESYS2.0 日ASEAN...
・国際理解教育支援プログラム
・平成25年度内閣府青年国際交流事業...
・第40回「東南アジア青年の船」事業...
・内閣府青年国際交流事業説明会 平成...
・青少年国際交流を考える集い
・IYEO自主活動サポート助成金制度...
 

JENESYS2.0 日ASEAN学生会議


  • ■ 成果発表会と修了式 12月15日(日)

成果発表会での「環境と企業の社会貢献」グループの発表
成果発表会での「環境と企業の社会貢献」グループの発表
一般財団法人青少年国際交流推進センター上村知昭理事長によるあいさつ
一般財団法人青少年国際交流推進センター上村知昭理事長によるあいさつ
成果発表会での「伝統文化」グループの発表
成果発表会での「伝統文化」グループの発表
修了証を受け取るタイ代表の参加青少年
修了証を受け取るタイ代表の参加青少年

参加者の感想(アンケートからの抜粋)


グループ① 教育

日ASEAN学生会議は、特別な思い出になりました。出身地や宗教に関係なく、自分の国を発展させたいという共通の目的意識を持つ同世代の青少年と意見交換する機会になったからです。日本とASEAN諸国が抱える教育の課題について議論し、新しい解決策を生み出すために皆の意見をまとめることは挑戦でしたが、すばらしい経験でした。今後、私は特に国際交流プログラムに興味を持ちながら、機会に恵まれない将来有望な若者に情報を発信していきたいです。(カンボジア)

グループ② 青年の起業 

 ディスカッションプログラムが一番楽しかったです。ディスカッションはあまり得意ではなかったのですが、チームで助け合って取り組んだため、心配いりませんでした。異なる国籍の青少年と議論するのは有意義で、彼らとのネットワークを大切にしていきたいです。今後は、ディスカッションで得た知識をミャンマーの教育、経済、環境、メディアの発展につなげていきたいです。初めての海外経験で、大きな満足を得ました。(ミャンマー)

グループ③ 環境と企業の社会貢献

 最も印象に残っているのは、地方プログラムでの「とっとり自然環境館」への訪問です。日本の自然環境について深く理解し、再利用とリサイクルという概念について学び、さらに、水力発電、風力発電、太陽光発電によって自然保護が促進できるということを学びました。(ベトナム)

グループ④ ボランティア精神に基づいた青少年の社会貢献活動

 ディスカッションでは、ボランティア精神に基づいた青少年活動について新しい視点から多くの気付きがありました。大学でクラブを立ち上げたばかりなので、学生活動にかかわる多くの青少年との運営についての意見交換は有意義でした。国際協力の分野で社会貢献を続けていきたいです。一番の気付きは、住む国が違っても、未来を切り開く青少年として、より良い社会の構築に向けて行動する点で共通部分があることです。(日本)

グループ⑤ 伝統文化

 近代的な東京がとても印象的でした。そして、発展を続ける社会の中で、独自の伝統文化も維持しているということを、ディスカッション活動や課題別視察を通じて学びました。ディスカッションプログラム期間中、東京に滞在したことで、現代文化と伝統文化の融合を目の当たりにしました。(インドネシア)

国際青年育成交流事業第20回記念式典
一般財団法人青少年国際交流推進センター
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > JENESYS2.0 日ASEAN学生会議
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.