MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > 第25回「世界青年の船」事業
MACROCOSM Vol.103 発刊日2013年9月
 

Vol.103  2013年9月



macrocosm:Flash Book
・国際理解教育支援プログラム
・「国際交流リーダー養成セミナー」
・第25回「世界青年の船」事業
・「世界青年の船」事業既参加青年東京...
・青年社会活動コアリーダー育成プログ...
・お知らせ
 

第25回「世界青年の船」事業
The 25th Ship for World Youth Program


第25回「世界青年の船」事業では、“Smiling & SailingWith You Forever”というスローガンを掲げ、日本と世界の10か国の青年が船の中で一つの世界を築き、19日間の船内と寄港地(国内3地域)での活動を行いました。また、日本参加青年はその後、海外での8日間の訪問国活動で、コース・ディスカッションのテーマに沿った各種の交流活動を行いました。

参加国:
バーレーン王国、チリ共和国、コスタリカ共和国、フィジー共和国、ケニア共和国、メキシコ合衆国、ニュージーランド、スリランカ民主社会主義共和国、トルコ共和国、アラブ首長国連邦及び日本
 
 
日程 内容
 1月23日~2月3日  外国参加青年来日・国内活動・出航前研修等
 1月26日~2月3日  日本参加青年出航前研修等 
 2月4日~22日  運航 – 船内活動及び寄港地活動(沖縄県那覇市、兵庫県神戸市、岩手県大船渡市)
 2月22日~3月1日  日本参加青年外国派遣 – 訪問国活動
 (バーレーン王国、メキシコ合衆国、ニュージーランド、スリランカ民主社会主義共和国、トルコ共和国)
 3月2日~3日  日本参加青年帰国後研修
  • 船内活動

 船内では、コース・ディスカッション(異文化理解、教育、環境とCSR、情報・メディア、国際関係)、リーダーシップ・セミナー、クラブ活動、グループ活動に加えて、委員会によって企画・運営されたPYセミナー、ナショナル・プレゼンテーション(NP)等が行われました。

石井晴子指導官が、リーダーシップ力を高めるための各自のゴール設定を記入す るワークシートの書き方を説明する(リーダーシップ・セミナー)
石井晴子指導官が、リーダーシップ力を高めるための各自のゴール設定を記入す るワークシートの書き方を説明する(リーダーシップ・セミナー)
ボランティアリズム(ボランティア精神)について各自のとらえ方や社会における 意味について討議し、環境問題解決に向けての役割を考える(コース・ディスカッ ション/環境とCSRコース)
ボランティアリズム(ボランティア精神)について各自のとらえ方や社会における 意味について討議し、環境問題解決に向けての役割を考える(コース・ディスカッ ション/環境とCSRコース)
小グループで「家庭教育、学校教育、社会教育のそれぞれの役割」について話し合い、 全体共有する(コース・ディスカッション/教育コース)
小グループで「家庭教育、学校教育、社会教育のそれぞれの役割」について話し合い、 全体共有する(コース・ディスカッション/教育コース)
東日本大震災や世界で起きた災害の概要を講義する日本参加青年 (PYセミナー)
東日本大震災や世界で起きた災害の概要を講義する日本参加青年 (PYセミナー)
バーレーンの結婚の儀式のデモンストレーション (ナショナル・プレゼンテーション)
バーレーンの結婚の儀式のデモンストレーション (ナショナル・プレゼンテーション)
国際関係コースの参加青年が外交上で守るべき基本的なルールについての学びを発表 (サマリー・フォーラム)
国際関係コースの参加青年が外交上で守るべき基本的なルールについての学びを発表 (サマリー・フォーラム)
一般財団法人 青少年国際交流推進センター理事長あいさつ
国際青年育成交流事業第20回記念式典
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > 第25回「世界青年の船」事業
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.