MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
MACROCOSM Web Site
HOME > Air-Net Talk(バルト三国料理教室)
MACROCOSM Vol.100 発刊日2013年1月
 

Vol.100  2013年1月



macrocosm:Flash Book
・日本・ASEANユースリーダーズサ...
・第19回青少年交流全国フォーラム(...
・第6回SWYAA国際大会(バーレー...
・IYEOの東日本大震災復興支援活動...
・Air-Net Talk(バルト三...
・ドミニカ共和国派遣団OB・OGの活...
・コア派遣3分野の最新動向と情報交換...
・お知らせ
・MACROCOSM Vol.100
 

Air-Net Talk(バルト三国料理教室)


 9月17日(月・祝)、日本橋社会教育会館7階料理教室(東京都中央区)にて、バルト三国料理教室が開催され、およそ30名が参加しました。この料理教室は、航空機による派遣事業の既参加青年の交流を目的としたAir-Net Talkの一環として、バルト三国派遣OB・OGネットワークが主催しました。
 日本人にとってあまりなじみのないバルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)をおいしい料理を通じて、その雰囲気を知ってもらうため2名の在日ラトビア人の先生に教わりながら、ラトビアの家庭料理であるビーツの冷性スープとジャガイモたっぷりのポークカツレツ風豚肉料理を作りました。
 参加者の中にはバルト三国について詳しく知らない方も少なくありませんでしたが、今回の料理教室に参加して、「バルト三国に行きたくなった」「また家でも作ってみたい」「リガコレクション(バルト三国の雑貨を扱う店)に今度行ってみる」といった声も聞かれ、多くの方がバルト三国に興味を持つようになりました。

レシピ1

 ビーツのスープ Aukstaa Zupa (The Cold Soup)
 【材料】(4~5人分)
 ビーツ1/2個 レモン汁、砂糖、塩少々(A) 卵2個 キュウリ1/2本 ディル3束 万能ねぎ1本 ヨーグルト: 300~400g (※あればケフィア・ヨーグルト) 塩少々(Aとは別分量)
 【作り方】
 ① ビーツをオロシ器(もしくはフードプロセッサー)で少し繊維が残る程度にすりおろす。
 ② (A)レモン汁+砂糖+塩を①に少々加えて、冷蔵庫で2時間程度休ませる。
 ③ ゆで卵を作る。
 ④ キュウリを拍子切りにする。ゆで卵、ディル、万能ねぎを細かく刻む。
 ⑤ 2時間冷やしたビーツの入ったボールに他の材料をすべて混ぜ合わせる。
 ⑥ 塩やレモンを加えて味を調整する。
 ⑦ さらに冷蔵庫で30分ほど冷やして、完成。
 
 
テーブル内で手分けして調理する
テーブル内で手分けして調理する
色鮮やかなビーツに興味津々
色鮮やかなビーツに興味津々

レシピ2

 ジャガイモたっぷりのポークカツレツ風豚肉料理
 【材料】(4~5人分)
 豚肉(ロース用)4~5枚 卵2個 小麦粉適量 ジャガイモ3~4個 玉ねぎ1/2個 塩、胡椒適量
 【作り方】
 ① ボールに卵、小麦粉、塩・胡椒を入れ、混ぜる。
 ② 玉ねぎを炒める。
 ③ じゃがいもを炒める→塩・胡椒で味を調える。
 ④ 別のフライパンで、①をくぐらせた豚肉を炒める。
 ⑤ 火が通ったら、ジャガイモ+玉ねぎと一緒に盛りつける。
 
 
調理待機中に他の参加者と懇談する
調理待機中に他の参加者と懇談する
丁寧に素材を炒める
丁寧に素材を炒める
できあがった料理を楽しくいただく
できあがった料理を楽しくいただく
国際青年交流会議
第19回青少年国際交流全国フォーラム
日本青年国際交流機構第28回全国大会(沖縄大会)
 
 
コンテンツ検索キーワード
MACROCOSM一覧リスト
MACROCOSM:新着一覧
MACROCOSM:特集一覧
MACROCOSMバックナンバー
国際交流全国フォーラム報告書
INFORMATION
MACROCOSMとは
日本青年国際交流機構
内閣府青年国際交流
IYEO 日本青年国際交流機構
一般財団法人 青少年国際交流推進センター JENESYS2.0
HOME > Air-Net Talk(バルト三国料理教室)
HOME MACROCOSMとは ▲このページの先頭へ
copyright 一般財団法人 青少年国際交流推進センター all rights reserved.